ICUトークライブ

世界一周をしたり、教育プログラムの運営などをしている情熱的な学生、教授、社会人の人達のトークを聞こう。テーマは「生活の中のリベラルアーツ」。新たな発見と学びの場をあなたに!

時間帯
10/21 12:40~13:20,15:30~16:10
10/22 12:40~13:20

場所
本館H-213

登壇者

10/21 (土) 12:40〜13:20

宇都木 大樹 (Daiki Utsugi)
国際基督教大学教養学部4年。ジェンダー・セクシュアリティ研究専攻、美術・文化財研究副専攻。

教育分野を主なフィールドにしながらも、専攻である、ジェンダー・セクシュアリティやアートを取り巻く活動にも注力している。
特に、10代から20代の個人のアイデンティティや可能性を取り巻く環境にコミットメントしている。HLAB TOKYO 2017 運営委員長、日米学生会議など。

志賀 アリカ (Arika Shiga)
都立国際高校卒、国際基督教大学教育学部2016年卒業。

株式会社シグマクシス コンサルタント/NPO法人 Free the Children Japan 理事/7 days program 主宰/ImaginEx リサーチャー
0→1の創出や変容し続けられる組織・リーダーシップのプログラム開発、ファシリテーションをAcademic/Art/Social/Business等の様々な視点から手掛ける。

10/21 (土) 15:30〜16:10

権 普美 (Bomi Kwon)
国際基督教大学教養学部3年。メディア・コミュニケーション・文化、法学専攻。

休学中、ひとり旅でアフリカやヨーロッパを周遊。また、国際NGO Peace BoatにてCommunication Coordinator(韓・日・英の通翻訳ボランティア)として地球一周。遊歩しながらたくさんの生き方に触れ、「偏見や固定観念の認知から他者や多文化・多様性を理解できる」と実感。シンプルかつ純粋に、学生のうちに遊ぶ・学ぶ・働くー様々な挑戦ができる環境に対する楽しさとありがたみを体験してもらいたい。

松田 浩道 (Hiromichi Matsuda)
国際基督教大学法学メジャー助教授

2016年9月からICUの専任教員に迎えていただきました。生まれは兵庫県ですが,武蔵野市・三鷹市で育ちましたので,ふるさとに戻ってきた気がします。憲法学や模擬裁判などの授業を担当しており、個性豊かなICU生との日々を楽しんでいます。夏休みに長野県野尻湖で行われるICUの伝統行事「野尻キャンプ」の顧問も引き受ける予定です。

10/22 (日) 12:40〜13:20

有元 健 (Takeshi Arimoto)
国際基督教大学メディア・コミュニケーション・文化メジャー準教授

専門はカルチュラル・スタディーズ、スポーツ社会学。社会学Ph.D.(ロンドン大学)。スポーツを主とした身体文化をめぐる人種やジェンダー、ナショナリズムの権力関係を分析する研究を行っている。

山中 美有 (Miu Yamanaka)
国際基督教大学教養学部4年。歴史学、アジア研究専攻。

大学2年の夏、国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンでのボランティア経験から、東南アジアに興味を持つ。2016年3月に初めてミャンマーを訪れ、現在は「ミャンマー人学生を日本に招致し、教育をテーマにしたスタディーツアーの実施」を目指すプロジェクトを立ち上げ、資金調達に奔走している。